趙文忠董事長. 清代宮廷御醫王漢卿第四代傳人,中國導樂集團創始人.IAE國際學士院自然醫學教授

中國之星 人氣:262

日期:2021/09/29   

趙文忠教授,男,漢族,生於北京市,清代宮廷御醫王漢卿、楊浩如第四代傳人,中國導樂集團創始人、董事長,中國非藥物鎮痛專家,長期專注於非藥物鎮痛醫療技術研究。

 

IAEインターナショナルアカデミー自然医学教授

 

1998年,趙文忠教授率領權威專家團隊在北京創建全球唯一的非藥物分娩鎮痛研究中心,並於2010年成功破譯非藥物無痛分娩密碼,成功發明出世界上第一台非藥物無痛分娩導樂儀。

導樂儀的發明,攻克了既要達到理想的分娩鎮痛效果,又要確保母嬰安全的世界性百年醫學難題,革命性地顛覆了人類史上依賴麻醉藥物分娩鎮痛的歷史,被譽為21世紀人類最偉大的發明之一,同時也奠定了趙文忠在全球非藥物無痛分娩行業無可撼動的絕對領先地位。

IAEインターナショナルアカデミー自然医学教授

趙文忠、男性、漢国籍、1954年に北京で生まれ、清王朝の帝国医師王漢清と楊薫の第4世代の子孫、中国ドゥーラグループの創設者兼会長、中国の非薬物鎮痛の専門家、長期非薬物鎮痛医療技術研究に焦点を当てます。

1998年、趙文中は権威ある専門家チームを率いて、北京に世界で唯一の非薬物無痛労働鎮痛研究センターを設立しました。2010年、彼は非薬物無痛労働法の解読に成功し、世界初の非薬物無痛労働法の発明に成功しました。労働ドゥーラ。

ドゥーラの発明は、分娩鎮痛の望ましい効果を達成するだけでなく、母と子の安全を確保するという100年前の医学的問題を克服し、人類の歴史において分娩鎮痛のために麻薬に依存する歴史に革命をもたらしました。それは21世紀として知られています。人類の最大の発明の1つであり、世界の無薬の痛みのない出産業界における趙文中の揺るぎない主導的地位を確立しました。